TikTokが変わりつつある?

TikTokが変わりつつある?

もともとは若者に人気のあったTikTokですが、ユーザー数の増加に伴いここ2年ほどで大きな変化が生じてきました。

その変化とはいったいなんでしょうか?

今まさにTikTokが「はじめ時」である理由とともに解説していきたいと思います。

TikTok学園で学べる収益化!
無料生配信オンライン講座で試す!

TikTokの歴史

それでは年代別にTikTokの歴史を見てみましょう

2017年~2018年

2017年から国内でもサービスを開始したTikTokですが、、もともとは2016年に中国でサービスが開始されたソーシャルメディアサービスです。

サービス開始から若者の間で「音楽に合わせて踊ったり歌ったりする動画」流行り、流行に伴い若者のユーザーを取り込み一台ムーブメントが起こりました。

2019年~

その後も音楽に合わせた口パク動画は流行を続けますが、新たにエンタメ系の動画が流行し始めました。

モノマネやお笑いといった笑えるものから、ペットなどの動物動画などが増え始め、動画の種類にも多様性が見え始めました。

2020年~

この頃から出始めたのがHowTo系の動画で、勉強や料理動画など役に立つライフハック動画が人気になり始めます。

この頃からライブ配信機能が実装され、芸能人などのライブ配信が人気を博しました。

2021年以降

その後ムーブメントに乗っかった企業などがTikTokへの参入をみせはじめ、そのブームを知った30代やそれ以降の年代の方達がTikTokを使い始めたのがここ数年の話です。

今ではユーザーの年齢層は若年層にとどまらず、全年齢でTikTokが利用されており、動画も多種多様なものに溢れています。

TikTokでも収益化ができる時代に

実はあのYouTubeもサービス開始当初は若者に人気があり、そこから全年齢にユーザーが広がっていった経緯があり、TikTokも同じような経緯をたどっているのです。

そしてビジネスでの利用が増えた今、TikTokでも「お金を稼ぐ」という概念が生まれ、それに伴いTikTok内でも「投げ銭」や「広告収入」といった収益化の方法が生まれてきています。

現在のYouTubeが稼げる場所となっているように、TikTokも同じように稼げる職業として今後成長していく可能性は非常に高いです。

つまり今まさにTikTokを始めるということは、先行者利益が生まれる可能性が大いにあるということなんです。

TikTok学園で学べる収益化!
無料生配信オンライン講座で試す!
TOPページを見る