その他のソーシャルメディアサービス

その他のソーシャルメディアサービス

国内外で数えると、日々ソーシャルメディアの利用状況は変わってきています。

新しいソーシャルメディアサービスが誕生したり、流行によりユーザー数が変動するなど、ビジネスにおいてはこういったユーザーの利用状況と言うのはとても気になりますよね。

ここではTikTokの他には国内でどういったソーシャルメディアが人気なのか、その特徴などを紹介していきたいと思います。

TikTok学園で学べる収益化!
無料生配信オンライン講座で試す!

Twitter

国内でのアクティブユーザーは4500万人ほどで、「今起きていること」をリアルタイムにキャッチできるツールです。

主に文字や画像による投稿が多く、金曜ロードショーで「天空の城ラピュタ」が放送されると、バルス!と叫ぶシーンでTwitterのサーバーがダウンしたなどの逸話が有名ですよね。

拡散性もあり、リツイートやフォローをするとプレゼントが当たるといったキャンペーンを企業や個人が行っているのをよく見かけます。

Twitterなどでの発言が火種となり炎上するといったことも多くあるので、発言には気を付けたほうが良いでしょう。

Instagram

主に画像を投稿するSNSとして活用されているのが「Instagram」です。

画像を投稿するというサービスにおいては他のどのソーシャルメディアよりも群を抜いて利用されています。

画像を投稿する他にも動画投稿やライブ配信機能、ショッピングタグを利用してアフィリエイトをしたりなど、ビジネスでも使われていることも多くあります。

国内でのアクティブユーザーは3300万人ほどとなっており、Twitterに次いで国内で利用されているアプリです。

Facebook

日本では他のソーシャルメディアに劣りますが、全世界でユーザー数が一番多いのがこのFacebookです。

多くのユーザーが実名で登録しており、実際に職場や学校などで繋がりがある人と繋がれる場所として利用されており、リアルな人間関係が反映されるその特性上、ビジネスシーンでの利用がかなり多いようです。

国内でのユーザー数は2600万人ですが、世界でのアクティブユーザーは29億5000万人とかなりの数に上ります。

用途や目的で使い分けよう

このようにどのソーシャルメディアも特徴がかなり分かれており、目的に応じて使い分ける必要があると言えます。

紹介したのは主にユーザー数の多いツールですが、他にもソーシャルメディは数多く存在しているので、気になる方は色々を調べて試してみるのも面白いのではないでしょうか。

TikTok学園で学べる収益化!
無料生配信オンライン講座で試す!
TOPページを見る