TikTokとYouTubeを比較

TikTokとYouTubeを比較

最近では日本でも浸透してきたYouTuberですが、小学生のなりたい職業の1位になるほどYouTuberには夢がある職業だとされています。

対してTikTokは稼いでいる人は多くいる者の、まだまだTikTokerという職業自体はそこまで認知がされていません。

YouTubeとTikTok、これからはじめるにはどちらのほうがいいのか?この2つを比較していきたいと思います。

TikTok学園で学べる収益化!
無料生配信オンライン講座で試す!

TikTokとYouTubeの特徴を比較

まずはTikTokとYouTubeの違いを比較していきます。

TikTokの特徴

動画はほぼショート動画(15秒~60秒)

動画の最大時間は10分

日本での月間利用者は約1000万人

動画が視聴されやすく、再生回数やフォロワーが増えやすい

ライブ配信機能があり、投げ銭ができる

YouTubeの特徴

動画の時間は数秒から数時間のものまで

日本での月間利用者は約6500万人

動画が埋もれやすく、再生されづらい

チャンネル登録1000人から広告収益が可能(1再生につき0.3円~1円)

ライブ配信機能あり、投げ銭やメンバーシップ制度もある

初心者が動画投稿するならどっち?

はじめて動画投稿をはじめるのであれば、YouTubeはほとんどおすすめに動画が乗らない為、よほど有名人でもない限り最初から動画が再生されることはありません。

再生されてもせいぜい2ケタがいいところであり、チャンネル登録者1000人という収益化の条件を達成するにも1年~2年はかかるでしょう。

対してTikTokはアプリの特性上、動画投稿初心者でも再生回数3ケタは取ることができますし、フォロワーやいいねなどのユーザーからの反応ももらいやすいです。

動画が再生されないことにはフォロワーは増えない為、動画に反応をもらいフォロワーを増やすという意味では断然TikTokのほうが向いていると言えるでしょう。

将来性で見た場合

YouTubeを運営するGoogleは世界トップ4に入る企業であり、TikTokのByteDanceよりもかなり大きい会社です。

対してByteDanceは中国最大手のメディア企業で、10年の間に時価総額が3530億ドルを超えた世界からも注目を集めている、まだまだこれからの企業でもあります。

規模的に見ればまだまだYouTubeのほうが動画サイトとしては大きいですが、成長の度合いで見るとTikTokの成長速度はすさまじく、2024年にはYouTubeを抜くとまで言われいます。

YouTubeはTikTokの後追いのようにショート動画に力を入れ始めているところを見ると、確かにYouTube側もTikTokを大いに警戒しているのがわかりますね。

つまりTikTokはまだまだこれから可能性が大いに伸びるアプリであり、今から始めるにはうってつけのアプリであることが分かります。

以上のことから、初心者がはじめるにはYouTubeよりもTikTokのほうが入りやすいとい結論が見えましたね。

TikTok学園で学べる収益化!
無料生配信オンライン講座で試す!
TOPページを見る